第4戦:世間知らずの女子大生

第4戦:世間知らずの女子大生

失敗談ばかりだと暗くなりますので、成功と言えないまでも
出会えたお話をします。

唐突ですが、二十歳の女子大生と出会えました。

彼女からの最初のメッセージはこうでした。

「大学にも男の人はいるけれど、
 引っ込み思案な性格でお付き合いできない。
 だから、男性経験もない。
 優しい年上の男性とゆっくり付き合いたい。」

悩みの相談に乗っているうちに、彼女も私を信頼してくれるように
なったようです。

そして、会う約束をしてくれました。

でも、彼女の家から私の家は遠かったのです。
そこで彼女は思い切った行動に出ました。

ある日、彼女からこういうメールが来ました。

「友達と旅行に行くと言って、会いに行きます。」

驚いた私は返事を出しました。

「いいけど、泊まるところはある?お金は?」

また返事が来ました。

「お金は、ないです。」

すかさず返しました。

「うちに泊まる?」

彼女から期待通りの返事が。

「何もしないって約束してくれるなら。」

成人の男女が同じ部屋に泊って何もないわけない。
そう思って楽しみにしてました。

そして、お泊り当日です。